小さな旅から大きな旅へ课文翻译

2019-01-01 23:28:20

4个问答

かえるは「したく」によって旅の目的地や経路を决めています。 远くに旅に出ようとすると长旅となり、长い时は4日ほど家を空けることもございます。 时间が経过すれば、いずれ帰ってきますので気长にお待ちください。
马上翻译,请稍等!
旅行,广泛的意义上,场所定居,从其他的场所移动到动的事。那个移动的目的不同下面的三种类大别。 第一是日常生活的需要的旅行。这是日常离脱等不能考虑的,不必想旅行。冠婚葬祭,因为商用,为留学而等实用目的的旅行,彻底是一定的到达目的地的目标的移动。途中见或有趣的东西,吃好吃的东西可以了,那都是这样的必要的旅行的附随性的事,很快到达目的地真正的意图。以此为“手段之旅”可称为吧。“手段”的确,经过短的话时间短一点比较好。早达的目的,“最好的手段”。交通手段时代一起发达了,旅行的大部分是商用,会议等实用旅行,旅行的经过尽量短被要求。我法国坐到了法国邮船的大型旅客船的手段实在是见事旅行了,时代的要请不符合1960年代被废除了。那顷北极经由的航空路线开什么了。 第二个的旅行,旅行本身实用,果实际性意义的旅行。例如伯顿,利文斯敦,士丹利等人的尼罗河河探险,斯文海定的丝绸之路的调査旅行,海尔达尔的遮ティキ号漂流等,其目的是旅行。通过旅行经验值得知识的考察。这个移动的目的。这里是科学调査目的,所以未知事物想要体验了向外下去,西欧的旅行的典型。这里是抒情的要素完全没有,感情场合品味也惊异,感叹之类的非日常性的对象的问题唤起的观念。也就是说个人内部旅行的感情的波浪动引起抒情,而是喜马拉雅山脉啦戈壁滩之类的性格,感情的形式(崇高,广阔等)表示的东西的。这是感情=观念的具体,“知之旅”附带的也有了,鉴赏为目标了。只是,艾格峰北壁攀登喜马拉雅登顶啦什么的,北极点到达一样,科学调査相比,到达目的地的旅行的意义,所以在这一点上,第二个小组,旅行见品味”的性格,觉得几分接下来的第三类部分也有。
原文:旅とは、広い意味で、定住した场所から他の场所へ移动することです。その移动の目的によって次の三种类に大别できます。第一は日常生活の必要からする旅です。これは、日常离脱などは考えられないし、考える必要もない旅です。冠婚葬祭のため、商用のため、留学のため等実用目的のための旅で、あくまで一定の目的地に着くのを目指した移动です。途中で面白いものを见たり、美味しいものを食べたりすることはあっても、それはこうした必要の旅の付随的なことで、早く目的地につくことが本当の意図です。これを「手段の旅」と呼ぶことができるでしょう。「手段」は的确で、経过が短ければ短いほうがいいのです。より早く目的に达するのが、「最良の手段」ということになります。交通手段が时代とともに発达したのは、旅の大半が商用、会议等実用的旅行で、旅の経过をできるだけ短くすることが求められているからです。私がフランスまで乗ったフランス邮船の大型旅客船は実に见事な旅行手段でしたが、时代の要请に合わず1960年代に廃止されました。その顷北极経由の航空路が开かれたからです。二番目の旅は、旅そのものに実用的、実际的意味を持つ旅です。例えばバートン、リビングストン、スタンレーらのナイル河探検、ヘディンのシルクロードの调査旅行、ヘイエルダールのコンティキ号漂流等は、旅そのものが目的です。旅によって経験できるものを知的に考察する。それがこの移动の目的です。ここでは科学的调査が目的ですから、未知なるものを体験しようとして外に向かってゆく、西欧的な旅の典型です。ここには抒情的要素は全くなく、感情を味わう场合にも惊异、感叹といった非日常的な対象の呼び起こす観念が问题となります。つまり个人の内部に旅の感情の波动を引き起こす抒情ではなく、ヒマラヤ山脉とかゴビの砂漠とかが持つ性格を情念の形(崇高、広大など)で表したものなのです。それは情念=観念の具体的であり、「知の旅」に付随しているのもであって、鉴赏を目指されたものではありません。ただ、アイガー北壁登攀とかヒマラヤ登顶とかは、北极点到达と同じく、科学的调査より、目的地へ到着することが旅の意味なので、その点、第二のグループに入りますが、旅を味わうという性格から见ると、几分次の第三グループに属する部分もあります。 译文:旅行,广泛的意义上,场所定居,从其他的场所移动到动的事。那个移动的目的不同下面的三种类大别。第一是日常生活的需要的旅行。这是日常离脱等不能考虑的,不必想旅行。冠婚葬祭,因为商用,为留学而等实用目的的旅行,彻底是一定的到达目的地的目标的移动。途中见或有趣的东西,吃好吃的东西可以了,那都是这样的必要的旅行的附随性的事,很快到达目的地真正的意图。以此为“手段之旅”可称为吧。“手段”的确,经过短的话时间短一点比较好。早达的目的,“最好的手段”。交通手段时代一起发达了,旅行的大部分是商用,会议等实用旅行,旅行的经过尽量短被要求。我法国坐到了法国邮船的大型旅客船的手段实在是见事旅行了,时代的要请不符合1960年代被废除了。那顷北极经由的航空路线开什么了。第二个的旅行,旅行本身实用,果实际性意义的旅行。例如伯顿,利文斯敦,士丹利等人的尼罗河河探险,斯文海定的丝绸之路的调査旅行,海尔达尔的遮ティキ号漂流等,其目的是旅行。通过旅行经验值得知识的考察。这个移动的目的。这里是科学调査目的,所以未知事物想要体验了向外下去,西欧的旅行的典型。这里是抒情的要素完全没有,感情场合品味也惊异,感叹之类的非日常性的对象的问题唤起的观念。也就是说个人内部旅行的感情的波浪动引起抒情,而是喜马拉雅山脉啦戈壁滩之类的性格,感情的形式(崇高,广阔等)表示的东西的。这是感情=观念的具体,“知之旅”附带的也有了,鉴赏为目标了。只是,艾格峰北壁攀登喜马拉雅登顶啦什么的,北极点到达一样,科学调査相比,到达目的地的旅行的意义,所以在这一点上,第二个小组,旅行见品味”的性格,觉得几分接下来的第三类部分也有。

热门问答

热门搜索更多

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z